部屋

個性とオシャレ空間を演出

東京で不動産を所有するのは、地価も高いし資産としての価値も高いので維持費もかかります。それでも所有していれば不動産価値が上昇し、投資の意味でも役立つ時がくるでしょう。そして住宅の窓辺に輸入カーテンをつければ、それだけで個性的な部屋を演出できます。

耐久性と装飾性で選ぶ

カーテン

実物をみること

カーテンレールは一般的には窓枠の上に設置して、カーテンを吊るすためのものですが、軽そうに見えて実は重いカーテンを支えるためにはしっかりとした強度が必要です。また、カーテンを開けている時にはカーテンレールはむき出しになるため、部屋にマッチした見た目も重要になります。つまり、カーテンレールを選ぶ時には耐久性や機能性に加えて装飾性も考えて選ばなければいけないことになります。カーテンレールにはシングルのものとダブルのものがありますが、2枚重ねでカーテンを使う場合にはダブルのカーテンレールを選ばなければいけません。逆にダブルのカーテンレールを選んでおけば、1枚しかカーテンを使わない場合でも機能的には対応することは可能です。材質は安価なものではアルミや樹脂製のものが一般的で、装飾性の高いカーテンレールになると木材を組み合わせたものが多くなっています。デザイン性の高いカーテンレールになると、重さのあるカーテンに加えてカーテンレールそのものも重くなってきます。そのため、設置する場所の強度を確認することを忘れないようにしてください。また、装飾性の高いカーテンレールになると、部屋に向かって大きく飛び出たり、左右の装飾が大きく出っ張っていることも多いので、スペースに関しても確認するようにしてください。カタログを見ると様々なタイプのものを見つけて、理想的なものを見つけられるかもしれません。しかし、実物とカタログでは大きく異なることが多いので、ショールームなどで実物を見て決める方が間違いありません。

カーテン

インテリアの主役に

カーテンレールを通販で購入する時は機能性レールか、装飾レールにするか、目的によって種類を選んでいきます。窓枠の外寸を測り、レールの種類に応じてサイズを指定します。装飾カーテンレールはサイズ以外にもキャップの色やデザインを選びます。

部屋

住宅に欠かせません

東京には輸入カーテンを販売しているショップが多数あります。魅力的なデザインや素材を使用している輸入カーテンも多いですから、インターネットを効果的に利用して東京にあるどのショップで販売されているのか確認してみましょう。

女性

機能性レールと装飾レール

カーテンレールの種類は大きく分けると機能性レールと装飾レールにわかれます。機能性レールはアルミや樹脂でできていて耐久性が高く、開け閉めがしやすいのが特徴です。装飾レールは部屋のインテリアとして取り扱われていて、木目調のものが多くなっています。

インテリア

オシャレなものが多い

東京には輸入カーテンの専門店がたくさんあります。輸入カーテンにはオシャレなものが多く人気です。また、特別なものが手に入ることもあります。輸入住宅に合わせて輸入カーテンなどのインテリアを揃えるというのもおすすめです。

Copyright© 2018 窓辺を彩るカーテンレールを選ぼう【部屋にマッチした見た目も重要】 All Rights Reserved.